イエウール 机上査定話題

イエウール 机上査定話題

不動産売却を考えている人にとって、一番気がかりなことは売却金額ですよね。

 

当然、高く売れたほうがありがたいので、どこの不動産会社に頼めばいいのか悩んでいると思います。

 

不動産会社を選ぶときの鉄則が複数の見積もり会社に頼むことですが、地域差があったり不動産会社のツテがないと会社選びも検討が尽きません。

 

そのため、最近は一括依頼サービスが多くあります。

 

出典:新築 売りたい

 

今回は不動産売却・不動産査定の一括サービスの1つ、話題のイエウールについて紹介しましょう。

 

▼イエウール公式サイトはこちら

 

イエウールの特徴はなんといっても全国に1200社の不動産会社と提携している点です。

 

当然、提携会社が多ければ多いほど、色々な査定金額を確認できます。査定に関する不動産情報の入力も簡単です。

 

まず、売却したい不動産がある地域を入力します。すると、詳細な情報を入力するページに移動します。

 

ここでは、不動産のマンション名や部屋名を書き込みます。

 

また、専有面積や間取り、築年数等基本的な情報を選びます。

 

これらは売却金額に大きく関係するのできちんと入力しましょう。

 

次に、物件の状況を入力します。物件の状況とは、現在居住中であるとか、賃貸中など、物件の使われ方を入力する項目です。

 

最後に物件との関係を入力します。お住まいの方であれば、居住者、また売却物件の親族など、第三者から見た物件との相互関係を入力します。

 

たったこれだけで査定に進むことができるので、時間としては1分あれば十分でしょう。

 

イエウールは分譲マンションの売却を中心に行っているため、一括査定では分譲マンションの売却が得意な不動産会社を最大で6社紹介してくれます。

 

あとは、6社のうち1社を比較して依頼すれば契約完了となります。

 

大きな資産を売却するので、ウェブサイトに不安が多いのも事実ですがイエウールでは利用者数が多いことも信頼できる点です。

 

これまで450万人の方がイエウールを利用しています。これだけ利用者がいれば安心できるサービスだとわかりますね。

 

利用者の方の声を紹介します。

 

例えば京都府にお住まいの方が分譲マンションを売却しました。

 

イエウールを利用して5社から査定依頼がきて、5社の査定額が大きく違ったので驚いたそうです。

 

そこで初めて各社の査定額を比べることが重要だと気づいたお客様でした。

 

また、イエウールは不動産会社からも好評の声を得ています。

 

地方の不動産会社は自社を宣伝する広告費用にお金をかけられないのが実情ですが、イエウールを使うことで宣伝にもなるし、お客様に満足してもらえるようです。

 

これまで、不動産会社へ依頼すると不動産会社にしつこく営業されて嫌な経験があると思います。

 

そんなとき、イエウールを利用することで一括査定でピンポイントに良い業者さんと巡り会えるため、かなりオススメのサイトです。

 

▼株式会社Speee イエウールはこちら

 

まずは一括査定サービスを利用して、その後、気になる会社にアポイントを取るほうがいいでしょう。

 

また、一括査定サービスでは、地域密着型の不動産会社は参入していないこともあります。

 

こういったところは実際に事務所へ足を運んで査定を受けたいですね。

意外と家づくりは何とかなる

家を建てると決断した時の家庭の状況として、結婚をして6年、4歳と1歳の子供がいる家庭でした。
上の子供は小学校に上がる前に一軒家をたて、その土地になじませたいというのが一番の理由でした。

 

決断した段階での貯金額は500万とそこまで多くはなかったのですが、周りの人の意見を鑑みて何とかなるんじゃないかと思い踏み切りました。
私も妻も分譲は嫌という強いこだわりがあったので、先ずは土地探しから始めました、同時にハウスメーカーも数社あたり、規模感をつかむようにしました。

 

実家が近い、駅が近い、学校が近いなどいろいろな条件があったので土地探しに難航するかと思いましたが、探し始めて2か月で我々の思い通りの不動産が出てきました。

 

土地勘はあったのですが、その土地が畑ということもあり、如何なものかといったのはハウスメーカーにも相談し、いろいろ調査(無償)して頂き決定しました。

 

土地の価格は約42坪で2320万でした。

 

このタイミングは8月で、何とかして3月までには家を完成させたかつたので、急いでハウスメーカーの決定に勤しみました。

 

当初より一条工務店に相談していて、家の内容もよかったので決めようかと思っていたのですが、最終的な金額が思ったより高く悩んでいて、
相見積もりとして住友不動産へ依頼したところ、価格交渉の結果何とか予算内に収まることとのことで、一条工務店には申し訳なかったのですが、
住友不動産に決めました。この段階で建物は約32坪で2000万でした。

 

このタイミングで9月末でしたので、大至急色々と決定しないといけなく、毎週の打ち合わせを重ね何とか12月の上棟式に間に合いました。
キッチンやお風呂などいろいろとショールームを見学した結果、パッケージに含まれている設備よりグレードを上げたことや、
太陽光パネルを設置したりなどで、建物の予算が当初の2000万から300万程増えてしましました。

 

外構工事も含めると全体の支払いで4900万となり、何とか当初計画していた5000万には収まった感じです。
時間がなく焦っていましたが、決定してからは意外と早く進むことがわかりました。

 

▼イエウール公式サイトはこちら

このページの先頭へ戻る